映画「シン・ウルトラマン」滝君‼(ネタバレあり感想)

オススメ度8.7/10(10点満点)

よしーろ

予備知識ゼロでも楽しめる!まさにシン。

目次

超ざっくりストーリー

巨大不明生物「禍威獣(カイジュウ)」が出現し被害が発生している日本。日本政府は防災庁・禍威獣特設対策室(略称:禍特対(カトクタイ))を設立し禍威獣対策に当たっていた。そんな中、突然現れた銀色の巨人がカイジュウを撃退して飛び去っていった。その巨人は日本政府に「ウルトラマン」と名付けられ世界から注目される。果たして巨人は人類の味方なのか?

キャスト/役名

斎藤工(神永新二)/長澤まさみ(浅見弘子)/滝明久(有岡大貴)/船縁由美(早見あかり)/メフィラス(山本耕史)/田村君男(西島秀俊) 他

監督/脚本

樋口真嗣/庵野秀明

時間

113分

感想

ちょいちょい小ネタ

ストーリーとは全く関係のない所で、気になるところが多々ある。

狙ってやってるか不明ですが(未確認)、分かる人には笑いのツボに入りそう。

長澤まさみさんを使って

滝君!

君の名は。しか思い出せない

スゴイシリアスな感じで、知的外星人メフィラス演じる山本耕史さんと

西島さんが一緒に画面に出てるだけで

劇場版「きのう何食べた?」忘れろ。

って方が無理。

山本さんのあの役のイメージが強すぎて、脳内で勝手に変換され

大爆笑

西島さんのキャラも、そっちっぽくてノリが軽いのも…

嫌いではない

なんか匂わせ。

元のストーリーは全く覚えては無いけど

元々のウルトラマンシリーズは、ウルトラマンタロウぐらいで

ストーリーとか内容を全く覚えてないけど、

かすかーな断片的な記憶がジワジワくる。

ああ、ゾーフィ(ゾフィーだと思ってた)いたな。たしか長男だった気が。とか

ゼットン強かったな。(あんなマシンでは無い)

メフィラスデザインキモい。(今作みたいにスタイリッシュでは無い)とか。

よしーろ

子供の頃観たガンダムを
大人になって見直した感覚
(そのまんま)

そんなメフィラスとゼットン。

共に強い敵だった記憶しかなかったけど、やっぱり強かった。

メフィラスVSウルトラマンの戦闘シーンは、

ほぼエヴァ!!!

今風にデザインされたメフィラスも細マッチョ体型で、
ビームのポーズがウルトラマンよりカッコイイのに愛情を感じます。

よしーろ

頭のキレる感じも素敵

私の好きな言葉です。

ゼットンも想像の遥か上に行き、「んだぁっ!あれ。」ってぐらいデカすぎて

機動戦士ガンダム 逆襲のシャアのアルパ・アジールか、
昔のシューティングゲームのボスキャラの何かを思い出す。

そこでまさかのウルトラマンのあのポーズ!っていうかカット割り?

ウルトラマンと言えば、
変身した時の上からカメラの右手を突き上げて飛ぶカット。ですが、

感動

あんなにかっこいい使い方があるんだ

しかも連発!センス良すぎ。さすが庵野監督。わかってらっしゃる。
※今回は企画・脚本でした。

そんなゼットンを倒すとき、ウルトラマンがゼットンの中にぶっこんでくのも

グラディウスだっけ?

その他、ゼットン戦後に現れるゾーフィとウルトラマンの対話ですが、

ゾーフィの声としゃべりが
攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX The Laughing Man (レンタル版)

のトグサにしか聞こえない…。

まとめ

元のウルトラマンの話を全く知らなくても、誰でも楽しめるまさに

シン・ウルトラマン。

予備知識は無くてもいけますが、

ウルトラマン・メフィラス・ゼットンぐらいの名前を知ってるだけでも楽しめます。

時代なのか冒頭のスピードが速いのは、

倍速対策?

普通に見てても字幕が消えるの早すぎるけど、感覚でなんとかなりました。

空想特撮映画とは良く言ったもので、CG全開より作りこみが凄くて、

原作へのリスペクト愛があふれています。

上がる

この調子で「シン・仮面ライダー」期待します‼

今日もいい映画、ごちそうさまでした!

Amazonプライムビデオは、こちらから→シン・ウルトラマン

まだAmazonプライム会員では無い


そんな貴方は
30日間無料で色々体験しよう。
公式ホームページからどうぞ。

今すぐ、チェックします!

安心してください。
無料期間で解約すれば
料金は一切かかりません

よしーろ

映画も本も、そして送料もお得!
詳しくは、Amazon公式ページへGO


本が読みたくなったら、すぐ読める。

映画も漫画もアニメもドラマ
楽しみたい‼そんな貴方には、

公式サイトは、こちらから。

本ページの情報は2024年5月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにて確認ください。

ご訪問ありがとうございます‼
ポチっとしてもらうと本人が喜びます。
そんなやさしいあなたに幸あれ。

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次